ECCジュニア講師(ホームティーチャー) 気になるメニュー

ECCジュニアの教室を運営するってどうなんでしょうか? どうしてもやる前は、ECCのスタッフさんの対応や指導、サポート体制など気になる点は多いですね。 実際に教室を運営している講師の方、ホームティーチャーの評判を見てみましょう。

ECCジュニア講師の口コミと評判について

全国にはECCのホームティーチャーになって、教室を運営している講師の方は沢山います。 そんな方のECCの評判を集めてみました。

髙橋 美華子先生

私は開設を決心するまで2年程悩みました。でも、どんな仕事でも苦労があるし、それなら好きな仕事で苦労しようと思って始めました。今は開設から2年経ち、子どもたちの成長していく姿を見ると本当に開設してよかったと思います。子どもたちの未来の可能性を広げることができる、やりがいのある仕事だと思います。

田中 美奈子先生

教えることに興味のある方がECCの教材をご覧になったら、きっと気に入られるだろうと思います。スタッフの皆様も親切な方たちなので、安心してサポートを受けることができます。子どもが好きな方、教えることが好きな方は始めてみると楽しいと思います。

マキャフリー 徳子先生

私は開講してまだ2ヶ月ですので、これから色々と学んでゆくことがたくさんあると思います。以前企業で働いていた時にはなかった、小さな子どもたちとのふれあいの時間が持て、新しい発見や知らなかった自分を見出しています。思い切って新しいことに挑戦してみてはいかがですか?

ホサック 松井 弓子先生

開講当初は慣れないことも多く、不安に思うこともありますが、子どもたちが少しずつ英語を覚えていく様子を見ていると、開講して本当によかった!!と思います。スタッフのサポートもしっかりしているので、安心して大きな一歩を踏み出してみてください!!

千葉 香織先生

開講までは少し大変だけど、わからない事、困った時はセンターがしっかりサポートしてくれるので安心してやっていけます。生徒さん達の笑顔に癒されて楽しいです。 英語をもっと好きになる子ども達をいっぱい増やしていきましょう!

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子供たちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求
資料請求の方法

追伸

子供の育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子供達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ