ECCジュニア講師になったキッカケを関東の先生に聞いてきました。

茨城県で活躍中のECCジュニア教室の白石 里子先生の場合

教材とシステムの良さに心がときめき、「私もやってみたい!」と思いました。またECCは社会的規範への意識が高く、オープンでクリアだと感じています。10年続けてこられたのは、センタースタッフが親身になってくれたからです。困りごとがあれば些細なことでもセンターに相談し助言をもらっています。たまにある弱気な時も、スタッフの方は受け止めて、励ましてくださいます。

栃木県で活躍中のECCジュニア教室の大根田 直子先生の場合

ECCホームティーチャー募集の記事を新聞で発見した瞬間、天の声を聞いたかというようなスパークが頭の中で起こり、「これだ!!」と即、電話に手を伸ばしたのは今でも鮮明に記憶しています。それから今年23年目のホームティーチャーを継続しているわけですが、私が続けている何より大きな理由は、ECC理念に基づいた教育への真摯な姿勢です。緻密に構成・熟考された、成長段階に合わせたカリキュラム、講師側に与えられる教授法の効果的な手法、そして単体である教室をいつもフォローしてくださる地区センタースタッフのサポート力。英語の教師になりたいという私の若い頃からの夢を実現させて頂いている感謝の気持ちと、全ECCスタッフの方々に対する畏敬の念で続けられているものと思います。

群馬県で活躍中のECCジュニア教室の三村 充栄先生の場合

高崎市の小学校高学年対象・英語プログラムに講師として参加した際に出会ったホームティーチャー3名の、レッスンの様子やイベント企画に感銘を受けていました。説明会の広告が偶然入り、参加に至るまで即決でした。センタースタッフの「先生のことは全力でサポートします!」という一声は、とても心強かったです。当初2歳の娘が中3になるまで、一緒に成長できる英語を続けようと目標にしています。

埼玉県で活躍中のECCジュニア教室の久保田 明子先生の場合

実は、自分の子どもに英語を教えようと思い、ただECCジュニアで扱っている教材を見たかったという理由だけで、説明会に参加しました。『これだけしっかりした教材は市販では手に入れることが出来ないな』と思ったのが正直なところでした。そこから『この教材を使って子ども達に教えると、どんな風に身について行くのだろう?』と興味を持ったのが教室をスタートしたきっかけです。今でも、教材改訂などありますが、毎回の変化、進化?に脱帽させられっぱなしです。

千葉県で活躍中のECCジュニア教室の八木 淳子先生の場合

きっかけは新聞の講師募集広告。私の父は、結婚しても社会に出て、職に就くのがよいという主義で、結婚後の私にいつもそう言っていました。育児経験はないものの、短大時代に学んだ事や幼稚園での勤務経験、なにより“子どもと英語が好き!”な私にぴったりだと思い、すぐ説明会を予約しました。同期の講師には熱心で優秀な方が多く、私も負けられないという気持ちになります。色々なワークショップでは期を超えた先生方と知り合いました。センタースタッフにも恵まれ、先見性のあるサポートは心強いです。ECCジュニアに集まるこうした方々が素晴らしいので、私はこれからもこの仕事を誇りに思い、生徒達を引っ張っていきたいと思います。

東京都で活躍中のECCジュニア教室の渋谷 明美先生の場合

教材と指導方法がしっかりしていること、「聞く」「話す」「読む」「書く」の四技能を指導していること、生徒が楽しみながら英語を学べることです。

神奈川県で活躍中のECCジュニア教室の我妻 香先生の場合

同業他社に比べ教材やカリキュラムが充実している上に、センタースタッフがしっかりとサポートしてくれますので、安心して日々のレッスンに取り組めています。これからもECCジュニアの一員として英語教育に携わっていきたいと思っています。

山梨県で活躍中のECCジュニア教室の小川 幸恵先生の場合

幼児から大人まで充実した教材と内容の良さです。四技能をバランス良く教えられる教育方法や、きめ細やかな研修でのケアです。

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子供たちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求
資料請求の方法

追伸

子供の育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子供達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ